審美歯科

歯科医療では主に歯の治療を行いますが、審美歯科では歯の見た目を綺麗にする治療を行います。


審美性を高めることで、治療が終わった歯をより自然歯に近い見た目にしたり、健康な歯を一層美しく見せることができます。

色々ある補綴物

虫歯などで歯を削った後に、歯の形を補うために装着する詰め物やかぶせ物を補綴物といいます。補綴物は虫歯治療のほか、歯並びや見た目の調整にも使うことがあります。種類も多数あるので、患者様のご要望に合った素材を選ぶことが出来ます。

オールジルコニアクラウン

メリット
  • 生体親和性(金属アレルギーの方にも有効)に優れている。

  • 軽く、強度・耐久性共にとても優れており、変色しない。

デメリット
  • 生体親和性(オールセラミックに比べ透明感・色調の再現が劣る。

オールセラミッククラウン

メリット
  • 色調が最も天然歯に近い。

  • 生体親和性(金属アレルギーの方にも有効)や適合性に優れている。

  • 汚れが付かないので変色しない。

デメリット
  • 物性として陶器と同じなので、破折リスクあり。

メタルボンドセラミックス

メリット
  • 自然な色調が再現できる。

  • 内面が金属なので適合性に優れている。

  • 汚れが付かないので変色しない。

デメリット
  • 内面が金属の為、金属アレルギーのリスクあり。

ゴールドクラウン

メリット
  • 硬さが天然歯に近く、対合歯への負担軽減。

  • 適合性に優れている。

デメリット
  • 奥歯でも金属色が気になる。

  • 金属アレルギーのリスクあり。

当院ではインプラント治療、矯正治療などの保険外治療費をWebからのお申込手続きだけでご利用いただけます。
下記の番号とコードを入力してください。

  • クリニック番号:1538-6741
    お申込みコード:001
  • 申請する

Copyright © TOBITA DENTISTRY & ORAL SURGERY CLINIC,All Rights Reserved.|プライバシーポリシー