とびた歯科ブログ

自己紹介ーその②

2014年9月6日 (土)

長崎大学歯学部の当時の特徴として、5年生から「当院」という制度がありまして、実際に患者さんと接する事で、歯科医師としての人格・技量を養う教育制度でした。

学生時代02
旅立つ前の若かりし時期
 

何とか無事に卒業したのが1997年。いわゆる人生の岐路で、「勤務」医になるか、「研究者」として働くかの選択が迫った時期でした。

もともと生物学が好きだったのですが、歯科とは生物(医学)と無生物(材料学-金属学・有機化学です)の両方を学ぶ学問だったことから、生物系の領域を勉強したかったのが、その当時の考えでした。ただ、やっぱり「患者さんを見たい」という気持ちが強かったので、臨床系領域を考えました。当時は歯周病学が最先端。でも「医者崩れ」という気持ちもあり、外科学も興味がありました。

 

で結局選んだのは外科学ー口腔外科を選びました。今の私が出来た時期でした。

最初は半年間臨床をみっちり研修。その後実験三昧の生活を送りました。

ブログ_医局時代01
担当した患者さんと
 

研究領域は、いわゆる傷跡を如何に目立たなくするかでした。この時期に「理論だって考える」事を学んだ気がします。無事に4年間で卒業し、歯学博士の免状をもらえました。

 

医局時代02
歯学博士号をもらった後で、記念写真
 

卒後は何とか就職でき、やっと臨床家としての第一歩をあゆみ始めました。

ただし、当時は卒後3年程度で開業する同級生がたくさんいたので、正直焦る気持ちが大いにあった記憶があります。その事もあり、がむしゃらに仕事をした記憶があります。

 

ですが、ここでまた私の人生を左右する出来事が生じました

 

つづく

 

カテゴリー: 自己紹介

« »

当院ではインプラント治療、矯正治療などの保険外治療費をWebからのお申込手続きだけでご利用いただけます。
下記の番号とコードを入力してください。

  • クリニック番号:1538-6741
    お申込みコード:001
  • 申請する

Copyright © TOBITA DENTAL CLINIC,All Rights Reserved.|プライバシーポリシー