一般歯科

一般歯科では歯の痛み、違和感、異変などの症状でお越しになった際に、まず最初に診療します。

 

ご来院される患者様は主に、保険診療の虫歯治療が多くを占めているため、初診の方はしっかり検査や、診断を行ってから治療に入ります。

虫歯はどうやって進行する?

虫歯とは、プラークに潜む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を食べ酸を排泄し、その酸によって歯が溶かされる病気のことです。

虫歯は一度なったら自然に治ることがないうえに、重度の場合は神経を抜く処置や、最終的には抜歯せざるをえなくなるため、虫歯が疑われたらできるだけ早い治療が必要になります。

以下では、虫歯の進行段階とその一般的な治療法をご紹介します。


ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。適切にブラッシングを行い、フッ素塗布などを施せば治療することができます。


エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだ状態。まだ痛みはありませんが、冷たいものがしみることがあります。虫歯部分を削り、レジンで補います


象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛みます。虫歯部分を削り、インレー(詰め物)を詰めます


神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになり、何もしていなくても激しく痛みます。

 

感染した神経などを除去し、内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を何度か行い、クラウン(被せ物)を被せます。


歯根まで達した虫歯

歯根まで虫歯に冒された状態。いったん痛みは引きます。多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能を補います

当院ではインプラント治療、矯正治療などの保険外治療費をWebからのお申込手続きだけでご利用いただけます。
下記の番号とコードを入力してください。

  • クリニック番号:1538-6741
    お申込みコード:001
  • 申請する

Copyright © TOBITA DENTISTRY & ORAL SURGERY CLINIC,All Rights Reserved.|プライバシーポリシー