インプラント

病気や事故で歯を失くした場合、代わりとして入れ歯やブリッジの他に歯の代わりとなる治療がインプラント治療です。入れ歯やブリッジとは異なる特徴があります。

インプラントって、どこがいいの?

インプラント治療は、人工歯根としてインプラント体を顎骨に埋め込み、その上に義歯を装着する医療技術です。

 

入れ歯やブリッジのように、歯ぐきの上に義歯を装着するのではなく、自然歯と同じように顎骨に固定されるところが特徴的です。インプラント治療にどんな利点があるのか見てみましょう。

咀嚼力が戻る

インプラント体が顎骨に固定されているため、天然の歯とほぼ同じ感覚で噛み心地を実感できます。噛む力が弱まる事によって、顎骨が吸収されることもありません。

自然な美しさ

義歯や、インプラント体と義歯を繋ぐアバットメントにも種類があり、また本体が顎の骨に埋め込まれているため、しっかり固定され、見た目が自然歯に似ています。

快適さ

インプラントには、入れ歯のような「浮いた感じ」や装着時の痛みなどの不快感を伴うことがありません。義歯を付けている感覚がないので、美味しい食事や、楽しいおしゃべりができます。

他の歯に負担がない

例えばブリッジによる治療をした場合、両隣の歯も削って義歯をかぶせる必要があり、健康な歯の寿命を縮める結果を招いていましたが、インプラント治療なら単体での埋入が可能です。

さまざまな治療があります

インプラント治療は単体でも複数本でも用いることができます。顎の骨の厚さがあり、全身疾患がなければ、基本的にインプラント治療が可能です。

歯を一本失った場合

従来は両隣の歯を削り、失った歯を補う義歯と両隣の歯を覆う義歯が三つ連なったブリッジを用いて治療を行いましたが、インプラントであれば、両隣を削る必要は無く、単体の治療が可能です。

歯を複数本失った場合

従来は部分入れ歯を用いて治療を行っていましたが、これも金属製のフック(バネ)で両隣の歯に引っ掛けるため、支える歯が破折することがありました。インプラント治療は複数本でも可能です。

歯を全て失った場合

従来はそう入れ歯を用いて治療を行っていましたが、口に合わずに痛みを感じることや、不安定なため上手く咀嚼できないことがありました。インプラント治療なら、全ての歯を補うこともできます。

当院ではインプラント治療、矯正治療などの保険外治療費をWebからのお申込手続きだけでご利用いただけます。
下記の番号とコードを入力してください。

  • クリニック番号:1538-6741
    お申込みコード:001
  • 申請する

Copyright © TOBITA DENTISTRY & ORAL SURGERY CLINIC,All Rights Reserved.|プライバシーポリシー